Wedge - Rising Wedge and Falling Wedge - Breakout Price

ウェッジ-上昇ウェッジと下降ウェッジ

10 1 Vote
Instructor

ウェッジ-上昇ウェッジと下降ウェッジ

FX 入門 第33章

金融市場におけるFXプロフェッショナル・トレーニングへようこそ。このセッションでは、ウェッジ、上昇ウェッジおよび下降ウェッジについて学習します。

ウェッジ

ウェッジパターンは、継続および反転のパターンで、2つのタイプがあります。それらは上昇ウェッジと下降ウェッジです。

上昇ウェッジ

上昇ウェッジはトレンドの方向に従って、あるいは反転ポイントで形成することがあります。それが下降トレンドに形成されれば継続のパターンで、一方、上昇トレンドにできれば反転のパターンでしょう。最初の波の山から谷の距離は、ブレイクアウトポイントの下にあるTP値となります。最後の波の山から谷の距離は、ブレイクアウトまたはエントリー価格の上にあるSL値となります。

Wedge- Rising Wedge and Falling Wedge - Upward Slope - Speculated Downward Trend on Reversal Price

下降ウェッジ

トレンドの方向について言うと、下降ウェッジは継続あるいは反転のパターンのいずれかになります。下降トレンドに形成された場合は反転のパターンで、一方、上昇トレンドにできれば継続のパターンとなります。最初の波の山から谷の距離は、ブレイクアウトポイントの上にあるTP値となります。最後の波の山から谷の距離は、ブレイクアウトまたはエントリー価格の下にあるSL値となります。

MT4プラットフォームに例があります。上昇トレンドにできた下降ウェッジには、継続の雰囲気があります。トレンドのジグザグの動きは、トレンドラインにより明確に描画できます。TP値は最初の波で算出でき、それは434ピップスです。価格がブレイクアウトポイントを超えた後、買い注文をエントリー価格より434ピップスを高いところで出すことができます。TPを示すには、トレンドラインを描くか、ブレイクアウトポイントにフィボナッチパターンを移動します。SLは最後の波の谷の下にあるため、TPはSLよりもはるかに高くなるでしょう。こちらは、上昇トレンドにできた上昇ウェッジの例です。TP値はフィボナッチパターンを描くことで計算できます。フィボナッチパターンを移動することで、TP価格を簡単に取得できます。SLは最後の山の上となります。

Wedge - Rising Wedge and Falling Wedge - Zigzag Price Trend - Reversal Trading Signal - Take Profit Stop Loss

D1時間足のEURUSDチャートで、178日後に下降ウェッジが形成されていました。価格がブレイクアウトポイントを越えた後、トレンドは上向きでした。買い注文のTPは、エントリー価格より462ピップス高い値です。

Wedge - Rising Wedge and Falling Wedge - Downward Slope - Speculated Upward Trend - Take Profit

W1時間足のAUDUSDでは、市場価格がある値まで上昇したあと、急激に下落しました。AUDUSDは金利差により、たいてい上昇トレンドなのですが、金利変更などにより大幅な急落が起こり得るのです。

USDJPYでは継続を示唆する上昇ウェッジが見られ、下向きのトレンドが続きます。TP値は最初の波の幅です。

原油チャート上にも別のウェッジのパターンが見られます。ウェッジは、トレーダーが学習すべき最も重要なパターンの 1つです。

Wedge - Rising Wedge and Falling Wedge - MetaTrader Chart - Support and Resistance Levels and Lines

これでこのセッションは終了です。次回をお楽しみに。

Comments

Copyright © 2011-2021 PFOREX.COM | Professional Forex School | Cashback and Rebates