Triangle Pattern and its Types - Symmetrical Ascending Descending

トライアングルのパターンとその種類

0 0 Vote
Instructor

トライアングルのパターンとその種類

FX 入門 第34章

金融市場におけるFXプロフェッショナル・トレーニングへようこそ。このセッションではトライアングルのパターンとその種類で、上昇型(ブル型)、下降型(ベア型)、対称型について学習します。

トライアングル

トライアングルは継続のパターンですので、その時のトレンドの方向と同じ方向性を示します。上向きのトレンドではその上昇トレンドが続き、下降トレンドではその下向きの方向性が続くということです。トライアングルは2つに分類されます。ブル型とベア型のトライアングルです。

ベア型のトライアングルは下降トレンドに形成される継続のパターンで、2から3の波、4から6の振れから構成されています。通常、振れ6つのトライアングルのパターンは、振れ4つのパターンよりも幅が広くなっています。波は2本の線で囲むことができ、上の線はサポートライン、下の線はレジスタンスラインです。対称型のトライアングルでは、サポートラインとレジスタンスラインが対称的な勾配を作ります。下降型のトライアングルはレジスタンスラインが水平で、サポートラインが下向きのトレンドラインを描きます。下降型のトライアングルは、対称型のトライアングルよりパワーと効果が強いです。なぜなら、下降型のトライアングルの山は下降トレンドを持つのに対し、谷はほぼ水平だからです。Hは波の高さであり、最初の波の頂点と谷の最低点の間の距離から算出できます。山と谷にそれぞれ番号をつけると便利で、つまりHは1番と2番の振れ幅ということです。ブレイクアウトポイントは5番と7番の後にできるのですが、それは価格がレジスタンスラインと交差する点でもあります。TP価格がHまたはH/2ピップス分ブレイクアウトポイントより下にあり、且つSLが最後の山より上にある場合、そのブレイクアウトポイントで売り注文を出すと良いでしょう。

Triangle Pattern and its Types - Support and Resistance Lines and Levels - Ascending, Descending and Symmetrical

Triangle Pattern and its Types - Continuation Pattern Confirms Agreeing Direction - Bullish and Bearish

ブル型のトライアングルは、ベア型と似ていて、上昇トレンドに形成される継続のパターンで、2から3の波、4から6の振れから構成されています。振れ幅は、サポートラインとレジスタンスラインに挟まれています。上の線がレジスタンスライン、下の線がサポートラインです。対称型のトライアングルでは、サポートラインとレジスタンスラインが対称的な勾配を作ります。上昇型のトライアングルはレジスタンスラインが水平で、サポートラインが上向きとなったトレンドラインを描きます。上降型のトライアングルは、対称型のトライアングルよりパワーと効果が強いです。なぜなら、上降型のトライアングルの谷は上降トレンドを持つのに対し、山はほぼ水平だからです。Hは波の高さであり、最初の波の頂点と谷の最低点の間の距離、つまり1番と2番の振れ幅から算出できます。ブレイクアウトポイントは5番と7番の後にできるのですが、それは価格がレジスタンスラインと交差する点でもあります。TP価格がHまたはH/2ピップス分ブレイクアウトポイントより上にあり、且つSLが最後の谷より下にある場合、そのブレイクアウトポイントで買い注文を出すと良いでしょう。

Triangle Pattern and its Types - H and H/2 on Chart Take Profit and Stop Loss Prices - Trading Signals

MT4プラットフォームのチャートで、例がいくつか見られます。金のチャートで、対象型のブル型トライアングルが4つの振れにより形成されています。1番と2番の振れ幅をH値として、トレンドラインがその上に描かれます。トレンドラインをブレイクアウトポイントに移動してみましょう。トレンドラインがTP価格を超えます。フィボナッチパターンを用いても、HおよびH/2を確認できます。別のブル型の上昇型トライアングルが、水平な山と上向きトレンドの谷により形成されています。このトライアングルのHは3460ピップスのため、TP価格はブレイクアウトポイントより346ピップス上にあり、最終的に市場価格がこれに達しました。直近の傾向を見てみると、ベア型の対象型のトライアングルパターンが形成されそうです。ブレイクアウトポイントで売り注文を出す場合、TPは2554ピップス、H値はブレイクアウトより下、SLは最後の山より上が良いでしょう。これらの波は、ダブルボトムのパターンにもなり得るため、パターンが完全に形成されるまで待つ必要があります。別の時間足で、さらに多くのトライアングルのパターンを見つけることができます。トライアングルのパターンが上昇トレンド上にいくつか形成されています。USDJPYなど、他のチャートに、下向きのトレンドで対称型のトライアングルが見られます。

Triangle Pattern and its Types - Breakout Point and Market Entry and Exit Price - Upward and Downward

トライアングルのパターンは、特殊なローソク足パターンと組み合わせることで、より信頼性の高い、妥当なパターンとなることがあります。

これでこのセッションは終了です。次回をお楽しみに。

Comments

Copyright © 2011-2021 PFOREX.COM | Professional Forex School | Cashback and Rebates