Indicators and Oscillators - Leading, Lagging, Centered, Banded

指標およびオシレータ

0 0 Vote
Instructor

指標およびオシレータ

FX 入門 第37章

金融市場におけるFXプロフェッショナル・トレーニングへようこそ。このセッションでは、指標とオシレータについて学習します。

指標

指標はテクニカル分析でトレーダーに広く活用されています。指標は、市場の情報が特定の公式を使って計算されたものです。この情報は、出来高に加え、注文、決済、高値、安値など、さまざまな状況から取得されたものです。トレーダーは、チャートの傾向分析のみでは今後の動きや設定価格を予測することができないため、今後の傾向を予測する道具として指標を利用してみるべきです。移動平均線などの単純な指標の利用が普及したにもかかわらず、トレーダーの中には、まだ確率変数のような複雑な指標を試すのを好む人もいます。

指標は3つの異なる方法で使われます。

  1. 注意喚起:トレーダーが注文を出すべき希望価格、あるいはブレークアウトポイントについて知らせます。
  2. 確認:パターンまたはトレンドが形成され、価格が設定価格に向かって進んでいることを知らせます。
  3. 予測: 将来のパターンまたは特定の価格へ向かうトレンドについて知らせます。
  4. 、 3種類の指標を同時に利用することは有益ですが、5種類以上を使うと無駄でしょう。

指標は2つのタイプに分類できます。先行指標と遅行指標です。

Indicators and Oscillators - Market Information in Formula - Forex Market Opening and Closing Price

先行指標には、RSIやCCIなどがあり、将来のトレンドやターゲットを予測することができます。

遅行指標はその時のトレンドで使用し、その方向を確認するもので、トレンドが強いときに便利です。これらの指標は、移動平均線と同様、レンジもしくは横ばいの市場では効力がありません。

オシレータ

オシレータは、変動の激しいインジケータで、時間の経過と共に変化する2つの境界の間に固定されています。それは2つのタイプに分類できます。集中オシレータと結合オシレータです。

集中オシレータは、一定のレベルで揺れ動くもので、市場トレンドの方向を決定するのに使うことができます。

結合オシレータは、RSIのように、買われすぎや売られすぎの領域内で変動しています。

  1. 以上の指標およびオシレータが存在しています。 MT4プラットフォームで事前定義された指標が利用可能なのですが、トレーダーはさらに自分の取引に役立つ指標を開発しカスタマイズできます。良く知られている指標には、以下のようなものがあります。

Indicators and Oscillators - Fluctuating Manner, bound Channel - Banded and Centered - Leading and Lagging

MAまたは移動平均線

CCIまたは商品チャネル指標

RSIまたは相対力指数

MACDまたは移動平均線のコンバージェンスとダイバージェンス

ボリンジャーバンド

一目均衡表

ストキャスティクス

これらはすべてMT4およびMT5の両方のプラットフォームから利用できます。

これでこのセッションは終了です。次回をお楽しみに。

Comments

Copyright © 2011-2021 PFOREX.COM | Professional Forex School | Cashback and Rebates