Fundamental Analysis Basics - Forex Market Price Direction

ファンディメンタル分析の基本

0 0 Vote
Instructor

ファンディメンタル分析の基本

FX 入門 第52章

金融市場におけるFXプロフェッショナル・トレーニングへようこそ。このセッションでは、ファンディメンタル分析の基礎、リスク選好またはリスク回避について学習します。

ファンディメンタル分析

ファンディメンタル分析とは、トレーダーの間で良く知られた注文を出す前に用いる方法です。信頼のおける情報元からの、速報やニュースによるものです。ファンディメンタル分析は、市場トレンドに関するニュースの重要度や因果関係に基づいたものです。ニュースの矛盾により、ファンディメンタル分析はかなり複雑で、たとえば一つの出来事やニュースでも、地域によってさまざまな原因や結果をもたらします。そのため、ファンディメンタル分析のみに基づいた注文は控えた方が良いでしょう。たとえば、液化石油ガス(LPG)は15ドルに達した後、新たな採掘調査により3ドル近くにまで急落しました。

国家の地政学的、政治的、社会的、経済的な状況により、ニュースがその国の金融市場に与える影響は異なるでしょう。テクニカル分析と違って、ファンディメンタル分析には決まった特有のやり方はありません。たとえば、三尊のパターンであれば、そのH値によりTP価格が決まるのですが、ファンディメンタル分析は、ある価格でのさまざまな条件を意味します。テクニカル分析のみを利用するトレーダーが多いのですが、ファンディメンタル分析こそ金融市場に大きな影響を与えています。テクニカル分析とファンディメンタル分析の両方を活用する人が、市場トレンドの知識を十分得ることができます。

Fundamental Analysis Basics - Financial Market Annual Report and News - Bullish and Bearish Price

ニュースそのものではなく、ニュースの分析を詳しく調べることを強くお勧めします。ニュースに含まれる数字や情報は、それが意味することとは別の影響を与えるかも知れません。特定のニュースに関して、信用できるウェブサイトや3、4年の経験を持ちニュース分析の能力を身につけた信頼性の高い熟練者による分析を読むべきです。経験豊富なトレーダーでもニュースを誤解することがあるでしょう。

商品知識をつけたい場合、その商品を象徴する国の政治、経済、社会、地政学など、あらゆる側面からを徹底的に分析・研究するべきです。たとえば、ユーロはヨーロッパのほとんどの国で使用されている通貨ですから、それらの国の政治・経済・社会の状況を確認してユーロに関する知識を積み上げるべきです。

Fundamental Analysis Basics - Financial Market Annual Report - Definitions and Examples of Fundamental Analysis

また、日常のニュースだけでなく、時事ニュースやイベントも検討すべきです。時として、日常のニュースの方が、時事ニュースやイベントよりも市場価格に重大な影響を与えることもあります。

トレーダーが完全に理解しなくてはならない必須事項もあります。

  • 強い通貨は、弱い通貨よりも利益を上げやすいのでしょうか。

Fundamental Analysis Basics - Geopolitical and Financial News of Forex and CFD Markets

弱い通貨を使用している国の中には、製造コストが低いため、製品の輸出が多く、原料の輸入が少ない国もあるでしょう。観光事業も、低価格のサービスを目当てに、これらの国への送客が多いようです。仕事や事業に必要な資本が少なくて済むため、外国からの投資がより多いこともお気付きでしょう。つまり、弱い通貨の方が強い通貨よりも有利なことが多いのです。たとえば、ドイツはヨーロッパの統合が続きユーロが弱い通貨であることを望んでおり、それは他の主要通貨と比較して輸出時の為替レートが有利となるからです。ユーロ通貨の計画が失敗すると現地通貨のマルクが大きく値上がりし、その結果、輸出時のレートが下がり、観光事業による収益も下がります。中国も輸出レートの維持向上のために、自国の通貨を可能な限り低く保っています。中国元が強くなってしまうと、人口が多いことを考慮すると予算が足りなくなるでしょう。

Fundamental Analysis Basics - Monetary Rivalry and Currency Power Indicator of Countries

  • インフレは金融市場に有利なのでしょうか。

経済の進歩や発展が著しい時は、購買力が供給を上回るため、ある程度のインフレは避けられないものです。購買力が供給を上回っている限り、流通量は増え続けるでしょう。金融および経済発展は、この流通の結果によります。流通は経済の進展には不可欠ですが、流通額はある一定の基準以下に抑えられなければなりません。

リスク選好

経済成長と失業率はリスク選好状況を作るため、銀行から資金を引き出し特定のマーケットや事業へ投資する人も出てくるでしょう。中央銀行は金利を上げ、インフレを理性的な範囲内に抑えるべきです。インフレの状況次第で金利は変更されます。この状況下では、金、商品、株、AUDやNZDなど金利が高めの為替が値上がりします。

リスク回避

景気の低迷期は事業からの収益が見込まれないため、多くの人が資金を銀行に預けて利息を得ようとします。金融市場における流動資産が多くなるため、銀行は利率を下げて事業への投資を促します。こういった状況下では、USDやGBPなどの金利が低めの通貨が値上がりします。たとえば、AUDUSDのトレンドは、ニュージーランドの金利低下に伴い下落していくでしょう。金、商品、株も値下がりするでしょう。金融崩壊により、金の価格が1900ドルから1200ドルへと下がりました。金はリスク選好状態で値上がり傾向ですが、特にインドや中国など、市場の好ましくない状態ではリスク回避の事態により値下がりします。

Fundamental Analysis Basics - Risk Seeking and Aversion - Inflation and Interest Rate Reports

これでこのセッションは終了です。次回をお楽しみに。

Comments

Copyright © 2011-2021 PFOREX.COM | Professional Forex School | Cashback and Rebates