Complementary Definitions in Financial Market - Hedge Definition

金融市場の定義の補足

0 0 Vote
Instructor

金融市場の定義の補足

プロフェッショナル 為替取引サービス

PFOREXによるファイナンシャル・トレーニング

外為入門 第5セッション

金融市場における為替取引のプロフェッショナル・トレーニングへのご参加ありがとうございます。

このセッションでは、スワップ、売買手数料、ヘッジ、キャリートレード、スワップの効果など、金融市場における定義を補足します。前回のセッションでお話したように、取引業者が顧客から利益を得る方法はいくつかあります。スプレッドや、買い手と売り手の間の取引を容易にするため業者が請求する売買手数料などです。通常、先物口座で発生し、支払いは一度限りです。

売買手数料

売買手数料は、不動産業者を介して家を購入または販売した場合に支払うものに非常によく似ています。では、今行った原油の取引をご覧頂ければ、売買手数料が先物取引に関してのみ支払われており、外国為替取引にはないことがお分かりでしょう。今までお話ししていませんでしたが、口座には2つのタイプがあり、NDD (No Dealing Desk) と、ECN (Electronic Communication Network) といいます。これらの口座では、先物口座と同様に、外国為替取引の際に売買手数料が発生します。これらの口座の種類については、後程詳しく説明します。

スワップ

スワップについては、前のセッションで簡単にお話ししましたが、非常に重要で高度な内容ですので、ここでもう少し詳しくお話ししましょう。スワップ、つまり固定金利の利息は、長期取引の際に支払います。スワップ金利は、業者のサーバー時間の午前0時に毎日計算されます。午前0時前に開始した取引がこの時間を過ぎて持ち越されると、スワップの対象となります。では、スワップの計算方法を見てみましょう。

Complementary Definitions in Financial Market - Commission and Fee - Order Specification Table

たとえば、AUDUSDの場合、現時点の豪ドル金利の2.5%から米ドル金利の0.25%を差し引きます。この公式に基づき、豪ドルと米ドルの金利差は、2.5-0.25、つまり 2.25%となります。前述のとおり、1ロットは10万通貨単位に等しく、それに2.25%を乗じた2250ドルが年間スワップとなります。これを360で割った約6.25ドルが一日当たりのスワップ金利で、ポジションが購入か売却かによって、この金額が口座に入金されたり、引き落とされたりします。金利がより高い為替を買えばスワップは常にプラスに、より低い為替を買うか AUDUSD で売ればスワップはマイナスになります。分かりやすいように、AUDUSDの例を示しましょう。豪ドルの方が金利が高いので、買いポジションについて口座にはプラスのスワップが入金され、売りポジションではマイナスのスワップとなります。プラスのスワップの計算方法については、次の例をご覧ください。

Complementary Definitions in Financial Market - MetaTrader Trades Information and Balance of Trading Account

AUDUSDの例で、金利の差は先ほど算出した 6.25、ここから業者の手数料 X を引いた差がY、 つまり、6.25- X = Yとなります。Y が6.25よりも少なくなるので、AUDUSDのポジションが保有される限り、毎晩口座に入金されます。

ポジションを保有する間、毎晩口座から引き落とされるマイナスのスワップの計算については、次の通りです。

この場合、金利の差 6.25ドルから業者の手数料を差し引き 、6.25ドル- X = Z となりますが、金利の差がマイナスなので Z も負の値となります。それでは、プラットフォームをご覧ください。ここでAUDUSD を1ロット売買します。よくご覧頂くと、プラスのスワップは27.40、マイナスのスワップは-35.93です。つまり、プラスのスワップはマイナスのスワップよりも常に小さくなります。それは、プラスのスワップからは業者の手数料が差し引かれ、マイナスのスワップの場合はいずれも負の値のため加算されるからです。水曜日のスワップは、週末の分(市場は土曜日と日曜日はクローズ)倍計上されることをご留意ください。そのため、毎週水曜日には、保有ポジションのスワップは、プラスかマイナスに関わらず 3 倍の値になります。

Complementary Definitions in Financial Market - Calculate Swap - Positive and Negative Swap

ヘッジ

ヘッジまたはヘッジングとは、1つの為替に対して双方向に行う投資のことです。簡単に言うと、ある資産の購入と売却を同時に行うことです。ヘッジの目的は、将来の特定の日時まで資産の価値を保証することです。資産の損失または増加の可能性を相殺します。例え話をしましょう。ある国からココアを輸入しようとする商人を想像してみてください。彼の元に商品が届くまで2~3ヶ月はかかるでしょう。この期間に、劇的な市場の変動が発生するかも知れません。上がるか下がるかは分かりません。そのため、彼は、同時に新たな顧客を見つけて、購入したのと同じ量のココアを販売しようと考えます。これにより、ココアの価格が上昇した場合、彼が購入した資産も上昇しますが、販売すべきものが同じ額の損失を出します。基本用語では、これを収支が合うと言います。またその逆に、ココアの価格が下落した場合、買いポジションが利益をもたらすため、損益が同額となり、やはり収支が合います。この方法で、商人は皆、市場内の資産を保証することができます。また、先物取引で人気のある、裁定取引と呼ばれる方法もあります。これについては、別のセッションで詳しくお話しします。

キャリートレード

次に、キャリートレードについてお話しします。これは、ポジション自体の利益だけではなく、金利差による利益を得るものです。こちらの取引をご覧頂ください。 AUDUSD1ロットですが、2~3日後の損失は24ドルでスワップ金利が27ドル、つまりポジション自体は損失を出していても、スワップが利益を出しているのです。ポジションを長く保有するほど、スワップが利益を出し、その額は大きくなります。つまり、キャリートレードとは、金利差であるスワップからの利益を得る方法です。

Complementary Definitions in Financial Market - Hedging Trading Strategy in Fluctuating Forex Market Symbol

これは、通常、高金利の為替で行われます。この取引を行うためには、スワップフリーとスワップ有りの2社での登録が必要です。こちらでご覧頂けるように、1度の売買でマイナスのスワップ-35ドルとプラスのスワップ27ドルを得ています。プラスのスワップから利益を得るにはスワップ有りの業者と取引し、マイナスのスワップとなるものには、スワップフリーの業者と取引しなければなりません。スワップフリーの業者の1つに、 ICM (International Creative Management Broker) があります。

Complementary Definitions in Financial Market - Carry Trade and Exchange Rate - Metatrader 4

もう一度よくご覧ください。ポジションが数日間保有されましたが、スワップは発生していません。

この業者でAUDUSD 1ロットの取引をしたのですが、スワップの対象になりませんでした。従って、FXPROなどの他の業者からプラスのスワップの利益を得るために購入し、スワップフリーの業者で売却することが可能です。この方法で「ヘッジ」、つまり利益も損失も出すことなく、スワップでかなりの額を得ることができます。キャリートレードで最も良く使われる為替は、AUDJPYとAUDUSDです。お気づきだと思いますが、スワップを理由に、より高い金利の為替が買われる傾向があります。そのため、トレーダーは利益とスワップを同時に得ることのできる取引に注目するので、スワップの影響は大きいのです。こういった取引で成功するためには、その時点での市場のインフレを完璧に理解しておく必要があります。高インフレ時に利益とスワップを得るためには買い優先で、市場に動きがない、あるいは悪化傾向の場合は売り優先にすべきです。たとえば、FXPROのAUDUSDの1週間の動きを見ると、市場がインフレの際、この為替価格が急騰しています。利益とスワップをかなり計上したあと、通常の穏やかな上下となり、スワップを考慮すれば良い状況です。しかしながら、デフレ市場の場合、為替価格は急落のあと、再び上昇してくるでしょう。この通貨ペアでは、市場の上昇傾向を示しています。

Complementary Definitions in Financial Market - Positive and Negative Swap Interest Rate on a Currency

これで、このセッションを終了します。次回またお会いしましょう。

Comments

Copyright © 2011-2021 PFOREX.COM | Professional Forex School | Cashback and Rebates